株式投資、銘柄選び

株式投資の銘柄選びは、なんと言っても最新情報を得ること。
そういう意味では、インターネットは有利といえます。
ただ、どんなに早いといっても、その情報を知った時には、既に世間の人はみんな知っていると思ったほうがいいですね。
既に折込み済みって事ですね。
インサイダー(法律違反)でない限り、誰も知らない極秘情報を手に入れることは難しいです。
ではどうすれば良いのか?

最新情報を繋いで、先を読む。んん〜ン。難しいですね。
最新情報は、斜め読みでも良いですから、目を通しておくことが大事です。一つ二つの情報では読めないことも、継続してゆくと、つながってくることもあります。また、大きな流れといいますか、トレンドや流行物などもわかってきます。
日々の生活の中で、最近人気の・・とか、話題の・・とか、TVCMとか、敏感になってくると、その企業を調べたくなります。
そういうこ事が銘柄選びで重要になることもあります。

これはという企業が出てくれば、ネット証券サイトで、企業情報を閲覧できます。四季報なども出ていますので、業績や一株利益まで載っています。ファンダメンタルズの分析です。
※ファンダメンタルズとは、基礎的な要因のこと。企業の通知表。

このように企業の業績やトレンドなどから、銘柄を選ぶことも出来ますし、企業のことにはとらわれず、チャート(株価推移を示したもの)
変動の分析的な動きで選ぶことも出来ます。

どちらがどういうことは言えませんが、
デイトレードをしている人の中には、チャート分析による値上がりを見越して、売買を繰り返し、いわゆるキャピタルゲインの繰り返しをしている人も少なくありません。一つの手法ですね。

証券会社が推奨している銘柄や、力を入れている銘柄なども、証券サイトで入手できます。(ただし、必ず値上がりしますよ!ということではありませんので)

自分で銘柄を選ぶのはどうも??という方には、いくつかの銘柄を組み合わせた、株式ファンド、投資信託という方法もあります。証券会社によって組み合わされたものを細分化して買えるとうわけです。リスクは少なくなりますが、当然儲けも、通常の株取引のような値上がりを期待することは出来ません。

手堅く運用するなら、自分でファンドを作ることも良いですね。
いろんな銘柄に投資すれば、リスク回避になります。

銘柄選びは重要なことですが、株式投資で難しいのは、“買い”よりも
“売り”です。欲が出ると売り損ねたりします。
値上がり率などをあらかじめ決めて、例えば20%上がったら売る。
というふうな決め事をしておくのが良いかもしれません。
たとえ売った後、株が上がってもそれに関しては考えないことです。
posted by INBESTMAN at 17:13
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。