株取引の今昔

■株取引の今昔

一昔前まで株式投資は、貯蓄として投資する人が多く、専門で
取引している人意外は、頻繁に売買することはまれでした。
今のように、月に何度も、あるいはデイトレードのようなことは
考えなかったですね。
一つには、売買手数料が高かったこともあります。
また、リアルタイムでの株価の把握が個人レベルでは難しかった
ことも理由の一つでしょう。
定期預金の商品の一つくらいにしか考えなかったのです。
退職金をもう少し利率の良い運用をしたいと言う人もいましたね。
3年、5年で20%も上がればいいかなくらいです。

それらを覆したのが、インターネットによる株取引です。

株価のリアルタイム表示、売買手数料の自由化、情報の速さ
など数え切れないほどの要因があります。

貯蓄型の株取り引きから、短時間で売買を重ねて銘柄を変えて
利益を生み出そうとする投資方法が主流になってきました。

「長期保有」から「キャピタルゲイン」(売買益)運用へと
移行してしまったと言えます。

さあ、あなたもインターネットで株式投資を考えてみませんか?

posted by INBESTMAN at 22:00
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。